hotch-potch, Note to self

いろいろ作業記録

gitでたまに使うコマンド

(覚え書き用)

1.はじめに

たまにしか使わない、あるいは”やっちまった”ときに手直しするコマンドなどをまとめました。

2.初期化

(1)空のままcommitする

# リポジトリ作成
$ git init

# 最初のコミット
$ git commit --allow-empty -m "first commit"

(2)master→mainに変更

ローカルのブランチ名をmainに変更

$ git branch -m master main

※ローカルを変えてからリモートを変えること

2.過去の修正

(1)commit直後に名前やメールアドレスを修正

.gitconfigが設定されていること。

$ git commit --amend --reset-author

直前のコミットだけ修正されます。

(2)名前やメールアドレスを過去に遡って修正

ステージングしていない修正があると、この方法は出来ません。

#名前
$ git filter-branch -f --env-filter 'export GIT_AUTHOR_NAME="なまえ"'
#メール
$ git filter-branch -f --env-filter 'export GIT_AUTHOR_EMAIL="メール"'

3.設定変更

ユーザ情報

$ git config --local user.name hoge
$ git config --local user.email hoge@fuga.org

ファイルの大文字・小文字の変更を検知

$ git config core.ignorecase false

改行コードの自動変更を無効化

$ git config --global core.autocrlf false

ホームディレクトリをまとめて圧縮

$ cd ~ &&  \
sudo apt install zip && \
cd .. && \
sudo zip -r homepi_$HOSTNAME.zip ./pi/ -x \*/.git/\* \*/.ros/\* \*/\catkin_ws/log/\*  \*/\MagPi/\* \*/\.cache/\* \*/\.local/\* \*/\.Downloads/\* && \
sudo mv homepi_$HOSTNAME.zip pi/ && \
sudo chown pi pi/homepi_$HOSTNAME.zip